• トップ
  • 新着情報
  • コラム④ ~レッスン前のストレッチより、レッスン前のコンディショニング~

コラム④ ~レッスン前のストレッチより、レッスン前のコンディショニング~

2019/01/17


運動科学は日々進歩しております。
昔は常識だったことが今では非常識ということもあります。


例えばレッスン前のウォーミングアップ。
教室について着替えを済ませた後にすぐストレッチをする習慣。
私も昔からそのようにしてレッスンに臨んでおりましたが、筋肉の性質上それは効果がなく、むしろ怪我を招くと今では言われています。
冷えて伸びない筋肉を無理に引っ張る行為は、伸張反射といって逆に筋肉が硬く縮んでしまう現象を起こすのです。


硬く伸び縮しない筋肉でダンスをするのは、とても不自由なことですし怪我のもとになるのも想像がつきますね。


だからといってストレッチが悪いのではなく、身体がよく温まった状態でストレッチをおこなえば柔軟性アップに効果があります。ただし、正しいフォームでおこなうことが大事。


動きながら筋肉を温め関節の可動域を広げる動的ストレッチもおすすめです。



Dancer'sBodyCareRでは筋肉を最適なコンディションに導くボディケアを指導しております。



怪我の予防、パフォーマンスアップにレッスン前後に取り入れていただく事を強くおすすめします。

☆☆☆ダンサーにとって身体は踊りを奏でる道具です。宝物を扱うように大切にケアをしましょう☆☆☆

*-*-*-*-*-*-*-*

ダンサーズ ボディケア Rは
筋肉のケアとダンサーのための身体づくり、ボディケアメニューを出張レッスンにてご提案いたします。
全国どこでも承り中。
詳しくはこちら

*-*-*-*-*-*-*-*

PAGE TOP